若いうちから薄毛になったら早目の治療がおすすめ

最近は、若い方(10代、20代)でも薄毛に悩まされる方が多いです。

まず、若い方の場合には「若年性脱毛症」の可能性があります。
「若年性脱毛症」とは10代や20代前半の若い方に起こるAGAで、「テストステロン」という男性ホルモンの分泌量が増えることが原因と言われています。

ホルモンバランスが崩れることでヘアサイクルが乱れ、それにより髪の毛が十分に成長する前に抜けてしまうためと言われています。

「テストステロン」の分泌に関しては人によって差がありますが、遺伝によるところも大きいと考えられます。
薄毛は遺伝するとよく言われますが、こういった薄毛になりやすい体質が遺伝する為です。

もし、10代や20代前半という若いうちに薄毛に悩まされ始めたら、まずは専門のクリニックに行って相談されることをおすすめします。
薄毛治療は気になり始めたら早目に治療を開始した方がいいので、まだ若いから大丈夫と放置せずに直ぐに薄毛対策をして下さい。

ただ、薄毛というのは必ずしも遺伝するとは限らないですし、また遺伝以外でも薄毛になる要因はあります。

例えば、「食生活の乱れ」や「生活習慣の乱れ」も薄毛の原因になります。

10代になると友達との付き合いも増え外食する機会が増えますし、20歳になるとタバコを吸い始める方もいます。
それに、子供の頃と比べるとストレスにさらされることも多くなります。
夜更かしする機会も増えますね。

まず、脂っこい食事が中心になると良くないので、健康的な食生活を心がけることが大切です。

タバコは当然やめるべきですし、睡眠時間もしっかりと取るようにしましょう。

ストレスにさらされるのは仕方がないですが、上手に発散する方法を見つけることも大切です。

また、シャンプーにも気を付けた方がよくて、一般的に市場に出回っているシャンプーには石油系界面活性剤を使用したモノとアミノ酸系の界面活性剤を使用したモノが存在します。

石油系シャンプーは手ごろな値段なのでどうしてもそちらを選びがちですが、髪にとっては刺激が強くて薄毛の原因にもなると言われています。
少し値段が上がりますが。アミノ酸系シャンプーを使用された方がいいです。