薄毛対策の為の洗髪方法

薄毛が気になる方は毎日の洗髪に気を使うことも大切です。

まず、洗髪は毎日行うことが大切です。
髪は毎日洗う必要がないと言われる方もいますが、皮脂汚れなどが毛穴に溜まると抜け毛や薄毛の原因にもなります。
1日1回必ずシャンプーを使って余分な皮脂汚れを落として、髪を清潔に保つようにしましょう。

ただ、薄毛対策を意識する場合には、ただ単にシャンプーで洗っているだけでは不十分です。

洗髪前にはブラッシングやツボ押しで頭皮を刺激することで血行を促進できます。
血行促進により頭皮まで栄養が十分に行き渡るようになるので、健康な髪の育成につながります。

洗髪時には頭皮マッサージも同時に行うと、より血行の促進効果を期待できます。
また、マッサージで頭皮を刺激することで毛根まで活性化されるので、発毛促進効果も期待できます。

シャンプーをする際には、爪を立てて頭皮を傷つけたり、強い力で頭皮をこすることも避けた方がいいです。
爪を立てずに優しく揉み込むように頭を洗うように気を付けましょう。

頭を流す際には、熱いお湯を使うと頭皮や髪を傷つけるので気をつけて下さい。
また、冷たい水で流すと血流が悪くなるので、栄養が頭皮にまで届きにくくなります。
手で触って心地よく感じる程度のぬるま湯で洗い流すようにしましょう。

使用するシャンプーにも気をつけるようにしましょう。

石油系シャンプーと呼ばれるものは刺激が強いので頭皮や髪を傷つけてしまいます。
石油系シャンプーよりも値段は高くなりますが、頭皮や髪に優しいアミノ酸系シャンプーを使用することが大切です。

さらに、シャンプーのあとのリンスにも注意して下さい。
リンスは油を多く含むので、頭皮に付くとお湯で流しても落ちにくいです。
リンスは頭皮に直接付けないようにして、リンスをした後はしっかりと洗い流すようにして下さい。

ただ、シャンプーの後の髪のケアには効果的ですが、リンスはせずにシャンプーにしておくこともありです。
特に、皮脂の分泌の量が多い方は普段から頭皮の脂が多いので、リンスは避けた方がいいです。