シャンプーは石油系ではなくアミノ酸系の界面活性剤がおすすめ!

石油系シャンプーよりもアミノ酸系シャンプーがおすすめ

シャンプーを選ぶ際には、安い石油系シャンプーを避けてアミノ酸系シャンプーを使用しましょう。

石油系シャンプーの使用は避けた方がいい

石油系シャンプーとは、石油系の界面活性剤を使用したシャンプーで、泡立ちが良くて洗浄力が強いという特徴があります。

ただ、頭皮や髪にとっては刺激が強すぎるので傷つけてしまうこともあります。

また、洗浄力が強いので、頭皮の皮脂を全て洗い流してしまいます。
皮脂は薄毛や抜け毛の原因にもなりますが、乾燥や紫外線から守る役割もあります。
その為、全て流してしまうと、頭皮が乾燥や紫外線に直接さらされることになります。

石油系の界面活性剤は安くて手に入り易いので、安いシャンプーに使用されることが多いです。
が、石油系シャンプーの使用は避けましょう。

おすすめはアミノ酸系シャンプー

おすすめはアミノ酸系シャンプーです。

アミノ酸系シャンプーは、頭皮や髪に優しいアミノ酸系の界面活性剤を使用したシャンプーです。

アミノ酸系シャンプーには泡立ちが悪いというデメリットがあります。
また、石油系シャンプーよりも高いというデメリットもあります。

ただ、薄毛や抜け毛が進行した後だと、治療費などにもかなりのお金が掛かります。
将来的なことを考えるとアミノ酸系シャンプーの方が薄毛対策や抜け毛対策になるので、おすすめです。

それと、ベタイン系シャンプーもおすすめです。
ベタイン系の界面活性剤はアミノ酸系の界面活性剤よりも刺激が弱いと言われています。
泡立ちも、石油系の界面活性剤と比べると落ちますが、アミノ酸系の界面活性剤よりもいいです。